マニフレックス3つ折りマットレスの特徴やオススメ!

寝具

スポーツ選手や著名な方に愛用されているマニフレックス。

今回はその中でも日本で人気のある3つ折りのマットレスの特徴や種類、オススメを紹介していきます。

マニフレックスのマットレスの特徴

マニフレックスマットレスの芯材には高反発のエリオセルというのが使われています。このエリオセルがマニフレックスの製品全てに使われていて、寝心地の肝になってきます。

体圧分散に優れている

エリオセルでのマットレスは、横になると一度沈んで、そこから均一に身体の圧力を分散させて押し上げてくれます。これによってまるで浮いている感覚で眠れ、体の緊張がなく安心した眠りにつけます。

また寝姿勢も腰から背骨にかけて隙間ができるところにもピタッと支える感じで安定し、寝返りも打ちやすいです。

通気性が良い

エリオセルはオープン分子構造という、空気を吸ったり吐いたりする構造になっています。この構造によって上手く空気が循環することにより、一年を通して蒸れが起きにくいです。

温度変化にも強い

低反発素材の場合、季節によって変化に見られることがあります。夏はグニャと柔らかく、冬は固くなったり。
マニフレックスは高反発でなので、一年を通して寝心地を変えずに眠れます。

長期保証

業界では最長クラスになる10年以上の保証が主な商品で付いています。もちろん3つ折りマットレスも対象です。自社製品に自信と誇りがあるから成せるサービスですよね。

マニフレックス3つ折りの種類や特徴

フローリングや畳の上で使用する際、一枚で使えることからも日本では非常に人気があります。

ただ三つ折りは押し入れに入れたりするのが不向きなので、押し入れにしまって使いたいという人には、布団タイプをお勧めします。

マニフレックスメッシュウィング

側地が通気性の良いメッシュになっており、さらっとした感触で使えます。汗や蒸れによるべたつきが気にならない作りは、湿度が高い日本においても向いています。
芯材は、エリオセルが11cm。硬めの寝心地でありながら、しっかり支えられているので腰に負担がかかりません。
マニフレックス製品の中で最もサイズ展開も豊富で、高品質のマットレスとしてはコストも低く一番人気なのも納得がいきます。

セミシングル 幅80cm×長さ198cm×厚さ11cm 30,888円
シングル 幅97cm×長さ198cm×厚さ11cm 33,858円
シングルロング 幅97cm×長さ210m×厚さ11cm 43,243円
セミダブル 幅117cm×長さ198cm×厚さ11cm 46,332円
ダブル 幅137cm×長さ198cm×厚さ11cm 58,806円
クイーン 幅157cm×長さ198cm×厚さ11cm 71,280円

フライニットウィング

ランニングシューズなどの素材で使われる強弾性素材を使用していてメッシュウィングと違って見た目がややスポーティな感じ。ストレッチ性に優れ、エリオセルの持つ反発力をうまく活かせるのが特徴的です。
側地意外にメッシュウィングとの違いはないので、コストを比べるとやや見劣り。

シングル 幅97×長さ198cm×厚み11cm 39,420円
セミダブル 幅117cm×長さ198cm×厚み11cm 51,840円
ダブル 幅137cm×長さ198cm×厚み11cm 63,720円

メッシュウィング レオナルド

メッシュウィングのグレードをアップしたような商品。側地はメッシュウィングと同じメッシュですが、芯材がエリオセル8cmエリオセルソフト3cm使用。硬め、柔らかめの両方を楽しめます。柔らかめの方は押し返えしてくる感覚よりはどちらかというと包み込まれる感覚の方が強いです。

初めてマニフレックスの製品を使う方の中で、特に綿の敷き布団などから移行する方などはレオナルドは馴染みやすいです。

シングル 幅97×長さ198cm×厚み11cm 49,950円
セミダブル 幅117cm×長さ198cm×厚み11cm 59,940円
ダブル 幅137cm×長さ198cm×厚み11cm 70,200円

マニフレックスDDウィング

3つ折りシリーズの最高峰。厚みが他のタイプとは違い13cmあります。

エリオセル10cm、残りの2cmには、エリオセルマインドフォームを使用。こちらはエリオセルマインドフォームエリオセルより高密度にもかかわらず、柔らかくじわっとゆっくり沈み込んでから押し上げてくれます。
二層タイプの多くはエリオセルソフトですが、こちらのエリオセルマインドフォームは、ラグジュアリータイプのマットレスに使用されている特別な素材であることから3つ折りマットレスの頭一つ抜けているのがわかります。

側地も一味違い、キルトという表地と裏地の間に綿を入れ、重ねて縫っていく仕立てはふわっとした感じで、肌触りもよく、不快感なく眠りに導いてくれます。

シングル 幅97cm×縦198cm×厚み13cm 59,400円
セミダブル 幅97cm×縦198cm×厚み13cmc 71,280円
ダブル 幅97cm×縦198cm×厚み13cm 83,160円

マニフレックスで気になる点

口コミや評判などを見ていると、マニフレックスにもいくつかの気になる点があったのであげてみます。

マニフレックスはカビが生えやすい?

通気性が良いため寝汗が裏面にたまりやすくカビが生えてしまうことがあります。ですので対策はしっかりしてください。

まず使用したらそのまま敷きっぱなしにせず、陰干しをしましょう。(風通しが良いところ立てかける。直射日光は×)

他にも除湿シートやすのこ、ベッドパッドを上手く利用するのも一つです。

洗濯はできるのか?

芯材は洗濯できません。
ですが側地は洗濯できるので清潔感は保てます。

マニフレックス専用のシーツ(ボックスシーツなど)が必要か?

マニフレックスの3つ折りには、側地がついていますが、別でシーツをつけた方が、汚れや寝汗を防いでくれます。
市販されているシーツでも問題はないですが、専用のシーツの方が機能面の高さやサイズ感などもぴったり合うのでオススメです。

保証の内容は?

マニフレックスの保証内容は芯材のへたりにのみ適用されます。

またせっかくの保証も受けられないことがありますので注意してください。販売店印なき保証書や偽造保証書は無効となるのでネット通販で買う場合でも正規販売しているところで買うようにしてください。

マニフレックス3つ折りマットレスのオススメは?

メッシュウィング、DDウィングの2つ

メッシュウィング

シングルが約3万円程度というのは他メーカーと比べて標準的な価格ですが、ブランド力や機能面、長持ちするかつ長期保証があることを考えると、この価格は安いと言っていいかもしれません。

毎日使うことを考えればコストパフォーマンスが高いと一番人気があるのも納得できます。

こんな方にオススメ

  • 硬めが好きな人
  • 腰痛に悩んでいて寝具を変えたい
  • 予算に限りがある

DDウィング

 

価格を考えるとメッシュウィングとは真逆ではありますが、シングルだと6万円前後で最も品質の高いマットレスが手に入るのは惹きつけられます。
そうとはいえ、6万円は決して安くないです。しかし他メーカーで品質が同等クラスのマットレスは10万は超えてくることがほとんどです。

予算がつけれる方はぜひこちらを試して見てはいかがでしょうか。

こんな方にオススメ

  • 硬めがあまり好きではない
  • 細身の方
  • シニア世代の方

マニフレックスを買うにはどこがオススメ?

正規販売のマニフレックス宮崎がオススメ。
マニフレックスは割引をほとんどしてませんが、こちらはアウトレットコーナーがあります。
新品未開封や展示品商品など条件によって違いがありますが、割引が10%〜35%の商品があり、お買い得に買えることがあるので要チェックです。

さいごに

いかがでしたか?マニフレックスの3つ折りマットレスを選ぶ際、ぜひ参考になれば幸いです。

コメント