【エアウィーヴ枕】ピローS-LINEを購入!寝心地はどうなのか?

寝具

枕ブランドの中でも、一際知名度の高いエアウィーヴ。cmなんかでもお馴染みですよね。

寝やすいと口コミや評判も高いので、どんなものか、エアウィーヴの枕を一度使ってみたかったんです。

今回、使用してから2ヶ月ほど経ったので、エアウィーヴの枕ピローS-LINEの購入前に気になったエアファイバーという素材のことや寝心地がどうなのかを伝えていきたいと思います。

参考になれば幸いです。

 

エアウィーヴピローS-LINEはスタンダードより大きさはゆったり

エアウィーヴにはスタンダードとソフト、S-LINEがあります。

中でもこのS-LINEは、2つと比べて幅が10cmほど広いのでゆったり眠れます。

形は一番馴染のある長方形です。癖もなく非常にシンプルです。

3段階の高さ調整が可能

こちらの調整用のシートコアが2枚入っています。

このように中素材の間に入れます。
もちろん2枚とも抜いた状態でも使えます。それが一番低い高さになります。

 

一枚が2cmなので、シートなし7cm、一枚入れ9cm、二枚入れ11cmの高さ調整ができます。
一番高いので合わない場合は、内部にタオルを入れることも可能です。

 

中の素材はエアファイバー

エアフィバーは、樹脂繊維を空気を編むようにして作った、エアウィーヴさん独自の技術だそうです。

エアファイバーの感触

今まで使ってきた枕とは感触が少し違います。バネのように弾む感じで硬すぎず、柔らかすぎず。
強く押すと中央よりサイドの方が少し弾力があることがわかります。

通気性は抜群

見た目が釣り糸のようなエアファイバーは、90%空気のため通気性が良くとても軽いです。暑い日にも群れが気にならないし、においも気になりません。

また群れがなければ、カビやダニも防げるのも大きいです。

気軽に洗濯が可能

汚れが気になったら、丸ごと水洗いができるのは非常に楽です。本体が洗える枕はやはり貴重ですよね。
清潔感を保つのには完璧です。

二ヶ月使用しての寝心地は?

はじめは、あまりしっくりこなかった

事前にお店で寝心地を確認していた時はよかったのですが、家で寝ると、どうも少ししっくりこない気が。

以前はどちらかというと柔らかめの枕を使用していて、さらにいえば高反発枕は初めてでしたのでおそらく弾力があることに対して馴染みがないことからか、頭を固定しようと肩に力が入って寝ている感じがします。

ふと、これ失敗したかもと思って、返品が頭によぎり取扱説明書を読むことに。

つらつら読んでみると、

使い始めの時期は、airfiber(エアファイバー)は身体になじむための変化が生じます。また、寝具が変わったことによる筋肉痛などがまれに起こる場合がありますが、通常2〜4週間で慣れます。

と説明があったので、1ヶ月は様子見をするかと決断。

その間、筋肉痛などは感じませんでしたが、ようやく慣れてきたのがおよそ2週間ぐらいでした。

ここからやっと肩の力が抜けて使えるようになって、枕の良さにだんだん気づきます。柔らかい枕だと包み込まれる感じですよね、このエアウィーヴは頭がフィットしてくるととても軽い感じがするんです。

なんというか、頭を無駄なく、そして無理なく、軽く押し上げられてる感じで、首から頭に負担を感じることがありません。

これによって自然な状態で、とてもリラックスして眠れます。はじめがまるで嘘のようです笑

人によっては、私のように慣れが必要かもしれません。
また使うときは必ず肩口まで枕をつけることをオススメします。

 

横向きで寝やすい

仰向きはもちろんなのですが、横向きがかなり寝やすい。横を向いても全く肩に圧迫感が無く、首筋に関しても下がることなく、まっすぐ高さをキープできて自然と寝れます。

横向きでも肩、首、共に負担を感じないことで、目覚めがすごい楽です。

横向き派の人は試してみるといいかもしれません。

寝返りがスムーズ

柔らかすぎる枕を使っていると、どうしても寝返りが打ちにくいですが、エアウィーヴS-LINEは程よい硬さがあるので寝返りが非常にスムーズ打てます。寝てみると分かりますが、弾力がうまく補助してくれているのが体感できます。

やはり寝返りがうまくできていることで、夜中に目を覚ますことなく深く眠れるようになりました。深く眠れることで、日中、眠気に襲われることがかなり減ったのを実感しています。

へたり具合はとくに感じない

口コミでちょこちょこ見かけて気になっていたのですが、今のところはとくに感じません。

一応、中身のエアファイバーは1年の保証がついていて安心なのですが、2ヶ月の時点でへたっていたら、さすがにないですよね。

ただへたり具合に関しては、今後も追記していきたいと思っています。

エアウィーヴ ピローS-LINEのデメリット

仰向け、横向けどちらでもかなり寝やすいエアウィーヴピローS-LINE。ただし一つだけデメリットがあります。それは値段です。2万円ちょっとなので枕にしては少し高い。

ですが、3年使用(一般的に高反発ファイバー枕の寿命は3〜5年とされているため)したとして21,384円÷1095日=19.528

1日約20円のコスト。

チロルチョコ一つの値段で、毎晩快適な睡眠を取れるなら、意外に安いものではないでしょか。

エアウィーヴピローS-LINEはどんな人にオススメ?

エアウィーヴピローS-LINEはこんな人にオススメ

  • 横向きでよく寝る人
  • 高さが調整できる枕が欲しい人
  • 肩、首のコリ対策として枕を探している人
  • 洗濯が簡単にできる枕が欲しい

エアウィーヴの返品制度、保障内容について

30日間のお試しが可能

使用後に万が一合わない場合は、商品到着後の30日以内なら返品が可能です。

アマゾンでの購入の際には適応されないみたいなので必ず注意してください。

一年保障の内容

購入後の1年間は、通常に使用して、規定以上の変形が検品で確認でき次第、中素材のエアファイバーを無償で交換してくれます。

専用の枕カバーは必要か?

枕は専用のものがあったほうがいいです。
市販のものだとなかなかサイズが合うものがありません。

【エアウィーヴ枕】別売りの専用カバー(ピローケース)は必要?

エアウィーヴの枕をネットで買うのならどこがお得か

ネット通販では、アマゾン、楽天、ヤフーショッピング、公式サイトで売られていますが、値段はどこも同じ。
購入するなら、

公式サイトがオススメ。

分割払いが可能で、分割手数料の負担もエアウィーヴがしてくれます。

公式はコチラ エアウィーヴ 公式オンラインショップ

さいごに

いかがでしたか?エアウィーヴピローS-LINEの寝心地について書かせていただきました。

皆さんの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました