安眠を求める人におすすめの人気枕5選【選び方のポイントは4つ】

いつも起きたら疲労感や首や肩のこりを感じているあなた。このような状態では、毎日快適な睡眠が取れているとは言えませんよね。
もしかすると、それは枕があっていないかもしれません。ですが、枕と一言で言っても、いろいろあって自分にとってどれが良いのかわかりにくいですよね。

ここでは正しい枕選びの4つのポイントを紹介した上で、人気の枕をご紹介します。是非参考にしてください。

枕選びのポイントは4つ

枕選びでは主に4つが重要。とは言ってもそこまで難しいものではありません。
まずは何が原因で、疲労感や首、肩のコリが起きているかがわかれば、そこを改善するだけです。

  • 自分の高さにあっていない
  • 大きさがあっていない
  • 素材があっていない
  • 硬さや柔らかさがあっていない

たいていの場合、この4ついずれかがあっていないケースが当てはまります。
現在お使いの枕で気になる点はありますか?

もし気になる点があったり、今後枕を探す際はこの4つを気にしてみることがポイントです。

枕の高さを見つける

普段お使いの枕はどうでしょうか?

横になると、頭が下がり、顎が少し上がり気味になっていませんか?
この場合、枕が低い可能性があります。この状態だと、首と肩の筋が緊張したかたちが続くので、肩こりや首こりになることがあります。

反対に、頭が上がり、顎が少し引き気味になっていませんか?
この場合は枕が高すぎるかもしれません。この状態だと、首の後ろの筋が伸びきったままになってしまうので、首を痛めてしまうかもしれません

もし高さが合わない枕を使っていると上記のようなことが起こってしまいます。
ですから、自分にあった枕の高さを選ぶのが重要になります。

それでは高さを選ぶ際のポイントや傾向を紹介します。

 

性別や体格によっての傾向やポイント

性別によって枕の高さに好みが分かれる傾向があります。骨格や体格も違うので、必ずしも当てはるわけではないですが、男性の場合は高めの枕、女性の場合は低めの枕を好む傾向があります。

これは男性の場合ですと、女性に比べ、頚椎の深さが深いためだとされています。

体格の違いでは、がっちりした人や頭が大き目の人は高めの枕を、細身の人は低めの枕を選ぶのがいいとされています。
目安としては、体格に応じて高さは5〜9センチくらいの開きがあります。

高めの枕が合いやすいタイプは、

  • 男性
  • 体格ががっちりしている
  • 頭が大きめの人
  • 日頃スポーツをしている

低めの枕が合いやすいタイプは、

  • 女性
  • 細身の人
  • お子様

よく寝る姿勢で選ぶ

仰向けで寝るタイプの人は、仰向けに寝て横から見たとき、首の骨がS字カーブになるような高さがいいです。

横向けで寝るタイプの人は、横向きに寝て横から見たとき、頚椎が水平になる高さになるものがいいです。

 

高さにこだわりがある人や、自分の適切な高さがイマイチつかめない人は「高さ調節機能」がある枕を選ぶのも一つです。

 

枕のサイズ

枕の大きさは、大きく分けて小さめ、基本、大きめの3つに分けられます。

現在、基本サイズとされているのは約63×43cmです。このサイズは日本人に向けたサイズとされています。

小さめは約35×50cm。小柄な方や女性であればこちらがオススメ。

ホテルで見かけるような大きめは約50×70cm。包まれる感覚が欲しい方はこちらがオススメ。

もしサイズがいまいちつかめない人は、基本サイズを試してはいかがでしょうか?

 

枕の素材は自分に合ったものを見つける

素材と一言でいっても、様々な種類があります。自分がリラックスできるものを選ぶこと。
枕の素材としてよく使われているものを比較してみます。

天然 素材名  硬さ  洗濯  特徴など
 羽毛・フェザー(水鳥の羽)  柔  ✖️  通気性がよく、吸湿、保温、発散性に優れる。
 ヒノキ  硬  ✖️  ヒノキ独特の匂いが癒し効果となり眠気を誘う。
 エステル(綿)  エステル繊維の中に空洞が開けられた素材。繊維が絡みづらく、綿ぼこりも出にくい。
ウール  羊の毛。復元力が高い。熱がこもりやすい
 そばがら  硬  ✖️  通気性、吸湿性に優れる。蒸れにくい。
 ラテックス  普  ✖️  天然ゴム。一般的に高反発枕に使用される。高い反発力と柔らかさ、通気性が良い。ゴムの臭いが気になる方やアレルギーの方は注意。
 シルク  吸湿性が良いが、へたり易い。洗濯、水洗いは✖️、ドライクリーニング◯
人工  低反発ウレタン  普  ✖️  低反発で力が分散されフィット感が得られる。 寒いと硬くなり、暑いと熱がこもりやすく蒸れることがある。通気性の良い枕カバーなどで熱のこもりを解消できることもある。
高反発ファイバー 普〜固め 通気性が良く、あまり沈み込まないのが特徴。
高機能ウレタンフォーム ✖️ 体圧分散機能に優れ、頭や首が圧迫されにくい。通気性は良い。
パイプ、ストロー  普  通気性が良い。耐久性がよく素材の寿命も長い。難点としてゴツゴツ感がある。
ポリステル  綿状の化学繊維。使用が長くなると、弾力性が失われてくる。

参考文献:枕と寝具の科学 久保田博南 五日市雄

それぞれメリット、デメリットがありどれが一番というものではありません。あなたがどれを欲して、どれを受け入れられないかによって変わってきます。

 

枕の形を選ぶ

枕と一言で言っても首や頭をサポートしてくれるように様々な形状があります。

では、よく見られる枕の形4つを紹介します。

【標準タイプ(長方形)】
定番の形といえます。多くの方がこの形状のものを選択しているのではないでしょうか?
中心部にもっともボリュームがあるのが特徴的です。
普段から慣れている枕を使いたい人はオススメです

【波形タイプ】
後頭部から首筋にかけてのラインに形状が合うようにS字型のものが多いです。
うまく頚椎部分がサポートされ、頭が必要以上に沈み込まないタイプです。横向きで寝る人にも相性が良く、
睡眠時により自然な体勢を保ちたい人にオススメです。

【くぼみタイプ】
中央部のくぼみが、後頭部をしっかり受け止めて、頚椎部分を受け止めてくれるタイプです。
中央部がくぼんでいるため、自然と両サイドは高目になり、横向きでも安定した姿勢を保ちたい人にはオススメです。
また枕から頭を良く落とす人にも◯

【ユニット型】
中身のクッション部分が何個かに分かれ、高さや中素材が異なった構造になっています。中央よりサイドが高くなっており、寝返りが打ちやすくなっています。
寝返りを良く打つ人にはオススメです。

形状それぞれの特徴を抑えて、自分の目的に合うものを使うことをオススメします。

 

毎日安心してぐっすり眠れる!オススメの人気安眠枕5選

モットンの高反発枕 (肩凝り対策マクラ)

こんな人にオススメ

  • いつでも自分の高さにあった微調整がしたい
  • 首や肩のコリに悩んでいる
  • 寝返りがしやすい枕を探してる

幅55cm 長さ40cm

枕の中に入っている高さ調整シートの出し入れを自分で簡単に行えます。

あなたの使っているベッドや布団、体型などの条件に合わせて高さが調整できるという優れもの。前後の高さも違うため2通りの使い方が可能です。高い方が6〜11cm、低い方が3〜8cmとその日の気分に合わせて調整ができます。

頚椎のサポートがしっかりしており、寝姿勢が安定できるため、首や肩の痛みに悩んでいる方にはオススメです。

90日間の返金保障がついているので、合わなければすぐに返せます。
参考価格:17,800円(税込)

【高反発まくら モットン】公式サイトはコチラ

エアウィーブ ピローS-LINE(高反発)

 

こんな方にオススメ

  • 高さ調整できるものが欲しい
  • 通気性が良い枕が欲しい
  • 洗える枕がいい

幅66cm 長さ40cm 厚み7〜11cm

こちらも高さ調整が可能。

両端が中央に比べ硬くなっていることから、硬さ、柔らかさが連続的に変化させているので寝返りがうちやすい作りになっています。また頭をしっかりホールドしてくれるので、仰向きでも横向きでも寝姿勢を安定させたい方にはオススメ。

通気性が良い素材のため、夏は涼しく、冬は暖かい。カバーだけでなく、中身まで洗えるのが魅力的。毎日新鮮な枕で眠りたい人にはぴったりです。

1年保障付き(中のエアファイバーのみ)

参考価格:21,380円(税込)

エアウィーヴ 公式オンラインショップ

アマゾンはこちら➡︎airweave(エアウィーヴ) 枕 ピロー S-LINE 04081000

ASIKA(低反発)

 

 

    こんな方にオススメ

  • 高い枕より低めの枕が好き
  • 頭や首を包み込むフィット感が欲しい
  • 頭部の蒸れが気になる

幅60cm 長さ35cm

適度な硬さの低反発でゆっくりと沈みこむタイプです。
ジェル枕なので、ひんやりして眠りたい人には最適。
頚椎のサポートがしっかりしていて肩こり改善にも有効。

参考価格:12,800円(税込)

健康枕 ASIKA 人間工学設計快眠枕 無臭柔らかい 頸椎サポートストレス解消 低反発まくら

昭和西川 ムアツ枕



こんな方にオススメ

  • 首、頚椎に安定感が欲しい
  • 横向きでよく寝る
  • 肩コリ、首コリが気になる

幅60cm 長さ37cm

3d構造が特徴的です。高低差をつけることにより立体感があり、曲線が頭と首肩にフィットしやすいです。
頚椎もしっかりサポートされて首への負担も軽減。

吸放湿生を備えたウレタンを使用することで、蒸れを抑え、快適な睡眠を促してくれます。
1cmと2cmのシートが入っており最高で3cmの高さ調整も可能。
側地はポリジン加工されており、臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えてくれます。

参考価格:10,800円(税込)

【昭和西川 ムアツ枕】公式サイトはコチラ

王様の夢枕



こんな方にオススメ

  • 頭部にホールド感が欲しい
  • 柔らかい感触が好き
  • 予算1万円以内

幅52cm 長さ34cm

極小ビーズとポリエステル綿の混合素材で、ムニュふわっと新感触が特徴的。柔軟性と流動生があり、うまく頭にフィットしてくれます。また弾力性もあることで柔らかくてもしっかり頭、首を支えてくれます。

公式サイトから購入の場合、20日間の返金保障付き。

参考価格:6480円(税込)

王様の夢枕 公式サイトはコチラ

さいごに

人によって良い枕は違います。是非4つのポイントを気にしながら、あなたが理想とする枕を見つけてください。
睡眠の質がグーンと上がることが実感できるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました